aluheitou

アクセスカウンタ

zoom RSS ハニーゴーランを布施A-kukanで

<<   作成日時 : 2016/12/17 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 『Kansai Idol Evolution Vol.3』にて一部と二部を通して観覧できたのですが、また色々と新しい発見のあるイベントでした。ハニーゴーランというユニットが持つ可能性の一端を改めて見せつけられた感じです。

 何よりもまず印象的だったのは、トークコーナーでも顕著な御二人が持つ周囲への親和性の高さでした。
 あれだけトークがはじけるのも、司会をはじめとした共演者の方々と十分になじんでいる素地があるからこその事なので(その点でもChelipさんがいてくれたのは嬉しかった)、舞台裏がどれだけ楽しい雰囲気だったかが想像できて全員でのコラボライブも一層シアワセに見えるわけです。
 第二部での全員トークでは加野さんが目出度くMVPを獲得したのですが、加野さんが他のアイドルさんへのツッコミという技を繰り出すことができたのもそんな自然かつ丁寧な準備ができていたからでしょう。

 それにしても、あの時の加野さんはカッコよかった。
 半ば自虐的なネタすら交えてまで会場全体をひっぱって行く姿には、マイクを持ったからには絶対にステージを盛り上げると言わんばかりの気概が溢れていて、語弊はあるものの思わず「オットコ前やなぁ」と感動してしまいました。MCという単語が「マスターオブセレモニー」の略であることをまざまざと思いだした瞬間でした。
 また、そんな加野さんのカタパルト発進を加速させる前田さんのアシストも絶妙で、特に「加野さんの特技・キス予知」を報告してからの流れは後でも拾われるほどの盛り上がりを見せたので、本当にハニーゴーランというユニットは最高の組み合わせやなぁ、と一人ニヤケテしまいました。

 そんな最高の盛り上がりからは信じられないのですが、御二人は最初「もっと正直アウェイかと思ってた」そうで、確かに、観客の様子としては初見の方が多かったかもしれません。
 というのも、本当にバイノーラル録音をしておけばよかったと思うほどフロアのあちこちから「ハニゴ最高」との声が聞こえてきたからで、今回は仔犬へのケチャやオレオ配布への新鮮な驚きも多く見られた気がします。
 実際にモデルもこなすほどの綺麗で可愛いアイドルが、カッコよく歌った直後にオモロカシイしゃべりをかますわけですから、初見の方がどれだけの衝撃を受けているかは容易に想像できます。
 思い起こせば、自分が初めて見た時も、それまで持っていたアイドルへの偏見を一瞬で崩す位に強烈な衝撃を受けたので「アウェイと思われる会場の方でこそ奇跡は起きやすい」という法則はやはり正しいようです。

 他の発見としては、司会のおおうえさんが高身長だったので、出番後のトークコーナーで並び立った時に御二人の可愛さが更に強調されてなかなかに新鮮な光景だったことも印象的でした。

 ここでの最高の盛り上がりを見ているだけに、翌日の主催ライブに行けなかったのが心の底から残念で……(T_T)

No.825
FIX
2016-03-16
ハニーゴーラン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by No.825 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハニーゴーランを布施A-kukanで aluheitou/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる