aluheitou

アクセスカウンタ

zoom RSS ハニーゴーラン『Lycoris』リリースイベントをタワーレコードNU茶屋町店で

<<   作成日時 : 2017/08/27 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 クアトロ後夜祭的な位置づけであったことからか、或いは演者観客双方に前日からの心地よい疲労感があったせいか、全体的にアットホームな雰囲気の漂う、まったりとした感じのトークイベントでした。
 とは言いながらも、お二人のツッコミが炸裂する場面もあったりするくらいに話がはねて、予定時間を少し超過してしまうあたりも流石でした。

 スペシャルゲストにベースのユタカさんを迎え(登場時の盛り上がり!)「ROAD to QUATTRO」の裏話を色々と披露されていたのですが、あの夢のような舞台は様々な縁と奇跡によって出来上がっていたという事がよくわかる貴重なエピソードばかりで、お話を聞いているだけでもプロデューサーの下でプロジェクトが進められていく様子を追体験するような興奮がありました。

 で、やはり、それら“繋がり”の数々は、その中心がハニーゴーランであったからこそ集まりえたのだ、という事も再確認できたり。

 例えば、聴衆全員からどよめきが起こった「(お二人の)リズムの取り方の違いに合わせて歌うパートによって叩き方を変える」ドラムの超絶技巧にしても、前に同じツインボーカルのLYMRAMで試されていたという運命的な部分があったのですが、とりもなおさず「その音でアイドルをしたい」と選ばれたのはお二人自身であったわけで、ハニーゴーランが運命を引き寄せたといってもいいでしょう。
 同じく、あの素晴らしく豪華で可愛くて信じられないメンバーでのバックダンサーが、いかにも軽く二つ返事でひきうけられたみたいなお話も、勿論、ハニーゴーランでなければ実現しなかったわけで。
 そもそも、ワンマンライブ自体、お二人がその願いを口にしたところからクアトロへの道が始まっているわけですから、改めて『民衆を導く自由の女神』が思い起こされます。

 トークの終わりでは新たなる野望(笑)も示されたりして、次なるロードの始まりも予感させる有難いイベントでした。

 なお、PVそのままに艶やかな浴衣姿で歌唱された『Lycoris』と夏らしさ最大戦速の『ヒトナツ』については特別な衣装が絹崎の煩悩を直撃していたため記述を控えます。浴衣で『Lycoris』…ゆかたでリコリス…ゆかたで…(以下くりかえし)

Lycoris (Eight ver.)
SELL TU RECORDS
2017-08-09
HONEY GO RUN

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Lycoris (Eight ver.) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Lycoris (Two ver.)
SELL TU RECORDS
2017-08-09
HONEY GO RUN

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Lycoris (Two ver.) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Lycoris (Five ver.)
SELL TU RECORDS
2017-08-09
HONEY GO RUN

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Lycoris (Five ver.) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハニーゴーラン『Lycoris』リリースイベントをタワーレコードNU茶屋町店で aluheitou/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる