中日劇場での河崎美貴さま

 今回は、いつにも増して支離滅裂な文章になるのでご注意ください。というのも、色々と考えてあの感動を留める表現を探してはみるものの、すべて「言葉にすれば嘘になる」状態で遅々として筆は進まず、かといって最適の一文を探している時間も鳥頭の自分には残されておらず、形にならないもどかしさをもてあました末にたどり着いたのが「下手な考え休むに似たり」という開き直りの心境で、やっとキーボードに向かうことが出来たわけなのです。もともと貧困な語彙であの光景を伝えられると思うこと自体が誤りで、一言、こう書けばよかったのです。
 美しい。
 と。
 それでも足りないなら、
 とても美しい。
 と、書いておけば私の余計な文章で自らの記憶を遠ざけてしまうことも無く、真実だけは伝わるのではないかと。
 非力な私が圧倒的な美しさを前に立ちすくんでいる間に、表現力のあるどなたかが、かの方の美しさを書き留めてくれることを祈るばかりです。
 幕開けとともに、かの方が衆目をさらうのは決して中央に位置しているからだけではなく、かの方の立居振舞や踊りそのものが美しいからであり、センターを任されていることからも私の贔屓目ばかりの印象でないことがわかると思います。セラミュー初登板の折も、ほとんどセリフの無いアンサンブルの様な役だったのに、一際素晴らしい表現力と美しさとでファンの話題をさらったことが思い起こされます。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック