『週刊ヤングサンデー 3-4合併号』の小松彩夏

 表紙と巻頭グラビア八頁。加えてポスター一枚の筈が、はずれた・・・とか書くとフラビージョに申し訳ないのですが、やはり特撮関係者でリバーシブルな方がお得に思えるもので…、スミマセン。第三種郵便物って、付録も含めて全部数が同じ内容である事が認可の条件だったように聞いていたのですが、思い違いですね、もう一冊買ってきます。
 それはともかく、今回も挑発的な写真と美少女のあどけなさが程よく混在した、かの方らしい嬉しいグラビアに仕上がっています。「彩り」と題された8ページで、アップ、ビキニ、ワンピにドレスと、それぞれの写真で可愛さから色香までを見せていただけるのですから、つくづく素晴らしい逸材であるのだなあと幸せに浸ってしまいます。
 個人的嗜好を開陳すれば、やはり表紙にもなった白のワンピースが一番刺激的ではあります。「透けて見える」という文脈には弱いもので・・・。しかしながら、そんな状況にあっても変ることの無い、かの方の可愛さはどうだ!そうだ!何が?本当にスミマセン。
 で、次の見開きでは(赤いドレスなので典型的ではあるものの)大人の色香すらしっかりと配分させてくるというストレートな攻撃も可能なのが凄いところです。
 冒頭のビキニも王道を行く可愛さと存在感のある胸とのバランスが絶妙で、結局のところ最初から最後まで打たれっぱなしの15ラウンドでした。試合巧者ぶりではグラビア界のチャンピオンといっても良いのではないでしょうか。一時期のジャッキー・チェンのように、どこまで凄くなっていくのかが心配なくらいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック