『週刊ヤングサンデーVol.13』の小松彩夏

 付録として20頁のフォトブックが封入。
 「十八歳からの軌跡」とのタイトルどおり、ヤングサンデー初登場時から最近までの写真を一望できるプレミアムな付録です。
 見返してみて思うのは、「昔からエロかったんやなぁ」という思いを持たざるを得ない素晴らしいプロポーションの肢体と、「今でもかわいいんやもんなぁ」と驚かざるを得ない少女性を湛えた美貌が、破綻なく絶妙な配分の均衡を保っているという点で、かの方はグラビアアイドルとして完璧であるということですね。
 二頁目や三頁目での谷間攻勢はまさに王道の攻め方ですが、これだけ直截的な構成ができるのも、胸が強調されすぎない抜群の比率をより効果的に見せうる清楚な面持ちだからこそ成立する写真なのだと思います。
 かの方の武器のひとつが胸であることはいうまでもないのですが、後の頁に見られる儚げな憂いを秘めた表情も強力な武器のひとつであり、ご自身の成長に伴って内面的な色香も匂わせる攻め方が増えてきているのも素晴らしいです。
 今回は20周年企画の五号連続特別企画の第一弾ということで付録としての掲載だったわけですが、数号先ではDVD付で表紙と巻頭を飾るとのこと。また新しい一面を見せていただけるようなので、発売が待ち遠しい限りです。

 それにしても、「あずだっちゃ」って・・・。小学館がやるのは反則だと思います(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック