『東映ヒーローMAXスペシャル《春の仮面ライダー祭》特集号』の松元環季

 インタビューはありません…。
 写真も、小さいものをあわせて10枚あるくらいです。
 今回のクライマックスだったバズーカ発射のシーンが多かったのが救いでしょうか。特にやりたかったことはと訊かれた監督が「とにかくコハナにアクションをやらせたいと」答えていた様に、バズーカ発射場面はクライマックス刑事を象徴するシーンだと思うのですがいかがでしょう。
 映画の冒頭の登場場面で、身長差ゆえにモモタロスがコハナを肘掛扱いしてきてそれをやめさせるという小芝居が画面の端のほうで繰り返されており、楽しそうな現場であることが読み取れる微笑ましいシーンだったのですが、その写真も掲載されていていい感じです。
 特筆すべきはファイナルステージのリポートで、小さい写真ながらも姫のツインテールが確認できるありがたい記事となっています。肉眼で見た方々はきっと悶死されたのではと思われるその可愛さは、DVDを購入させるのに十分な破壊力です。
 他にも、劇中では確認が困難だったナオミのチャイナドレスのスリットの深さも良くわかります。
 ま、私のような邪まなファンばかりでなく、健全なファンの方にとっても現場のノリの良さが読み取れる楽しい一冊です。
東映ヒーローMAXスペシャル 《春の仮面ライダー祭》特集号 DEN-O CLIMAX!!〔+KIVA〕 (タツミムック)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック