『週刊少年チャンピオン No.40』の原史奈

 平成11年9月9日発行。表紙とグラビア8ページ。
 いや、もう、当たり前の話ですが、若さゆえの可愛さ大爆発で、水着満載な「少年誌のグラビア」の王道をいく素晴らしい出来ばえのグラビアです。みれば、30周年記念号で山口貴由のマカロニほうれん荘も掲載されている特別な号だったようで、かの方の起用が必然であったこともわかります。
 「ラブリーエンジェル」なんていう直球のコピーが使えるのも、かの方が「超逸材!!飛び出した正統派!!」と捉えられていたからで、ピンクのビキニでツインテールの写真などはアイドルグラビアの教則本に使っても良いくらいの完璧な可愛さです。
 一枚目の写真でも、可愛さの中にも美人の要素を秘めた姫ならではの美しさを量感のある胸で同時に表現するという(←たぶんマチガイ)「童顔巨乳」永遠のテーマを織り込んだ哲学的仕上がりを見せていて、破竹の勢いで進撃を続ける当時の潜在能力の高さがうかがえます。
 年齢に応じた展開があるとはいえ、この頃の可愛さは絶品でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック