『週刊プレイボーイ NO.40』の小松彩夏

 表紙とグラビア8頁。
 もう、本当にしつこくて申し訳ありませんが、いまだにあの頃の面影を引きずっている私からすれば、一枚目の写真などは半ば「やりすぎ」の感も否めないわけです。いえ、もちろん、ご自身の武器を生かした水着による量感の演出は最大限の効果をもたらしているので、その部分を凝視せずにはいられません。表紙の写真や二枚目の写真でのメイクなども、今までの積み重ねの上で年齢に応じた雰囲気を出す為のものである限り全然間違ってもいませんし(特に二枚目は心の眼で見ると…)大人の艶っぽさを目指していくならば正しい方向ではあるのでしょう。
 ですが、四枚目の見開きは、これはいかがなものかと。まさに、やりすぎではないかと。普段から邪心でしか鑑賞眼を持たない奴が何を言うのかと思わなくも無いですが、意図されていないところにいやらしさを見出すセクハラ的目線を身上とする者にとっては、これは盛りすぎのパフェみたいな物でありがた迷惑でしかないのです。
 個人的には、かの方らしい笑顔での見返り美人な一枚とか、素材の素晴らしさが際立つ最終頁の一枚とか、保守手といえばあまりにも保守的な安全牌の写真が好みなわけです。ホントにもう困った話で、いつまで美奈子の幻影を追いかけるつもりなのか、覚悟を聞いてみたいモンです。
 ん?とすると、問題の見開きも、「美奈子のそういう場面」としてみれば?おぉ!これはッ!
 どこまでも最低な奴です…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック