『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』観てきました

 たまたま休みが取れたため、久々にアニメの初日の雰囲気が味わいたくて出かけたのですが…、すいませんでした、わたくしエバンゲリオンをなめておりました。
 初回上映時の段階ですでに午後の四回目までのチケットが完売で、一部の関連商品までもが品切れを起こしているほどの混み具合でした。くさってもエヴァというところでしょうか…って、またしても失礼な。過去の作品を腐らせるどころか、リビルドの名に違わぬ映画らしい仕上がりで、いつまでもテレビ版と比べている我が身が恥ずかしいほどの作品になっていました。改めて「ヱヴァンゲリヲン」という表記の意味に気づかされたという訳です。

 以下ネタばれありです。
 個人的には、疾走するライブ感と多くのマクガフィンこそがエヴァらしさだと思うので、これほど大胆に再構成されながらも確実に新劇場版として成立しているのが流石だと思いました。多くの人が言うように、あの総監督が作れば何でもエヴァになるのでしょう。映画館を出ると「『Q』ってなんやねん!?」という人ばかりで面白かったです。
 私は、マクガフィンを深追いしないことにしているので(頭が悪くて深追いできない)、その分、直截的な演出が胸に迫りました。あの場面であの歌は卑怯だと思います(^_^;)
 前作では、真っ当に特撮映画しているのが嬉しかったので今回も絵作りに期待して出かけた訳ですが、予想よりも心情に訴える部分が多く、結果二度ほど落涙してしまいました。実写映画で培われた感覚が生かされたのか、二人の監督の力なのか、「作品」になっているのが凄いです。
 あと、テレビのエヴァとはまったくかけ離れた物になっていないのは、細かい遊びが無くなっていないおかげでもあるのですが、風呂上りの式波さんには笑かされました。遊びといえば、円谷の協力は分かるのですが(本当は東宝じゃないのか?)東北新社がどこに効いているのかが分からないあたり、まだまだ私はアマチュアだなぁ…と思った次第です。

コンティニューvol.46
太田出版
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

ユーザレビュー:
式波・アスカ・ラング ...
今月号はハズレ!今回 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]
キングレコード

ユーザレビュー:
監督はエヴァのパイロ ...
楽しかったよ、エヴァ ...
序公開より数年たちま ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

    Excerpt:  行ってきました「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」。つまらないレベルでのショックな出来事が二つほどありましたけど。(苦笑)公開間もないので,ネタバレに関しては排除しております。ネタバレとなる感想は,もう.. Weblog: よろずな独り言 racked: 2009-06-30 22:12