『映画ドラえもん新のび太と鉄人兵団はばたけ天使たち』観ました

泣きました。
以下ネタバレありです。
原典をリアルタイムで観ていないとかザンタクロスはアレのパチモンにしか見えないとか、ひいては副題にも懐疑的で大筋の解決方法にもスッキリ納得しているわけでもない私が、リルルの単純な自己犠牲で泣いてしまえるのは「ドラえもん」という作品世界自体が持つ力のせいなのでしょう。
少しアナクロな「鉄人兵団」なんて単語が成立してしまえる映画は他に無く、今や素直には語れなくなった友情や思いやりを伝えるためには最適なのでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック