『風立ちぬ』観ました


近眼でも~の件で既に半泣き。もののけ以来、ジブリは避けて来たものの、宮崎がヒコーキの映画を作ったと聞き出かける。観れば、主人公に監督が投影されているところや飛行機の飛翔感など実に(私が思う)宮崎らしい映画。もはや誠実でまっすぐな人間を描くにはアニメしか手段が無いのかという絶望は置いておくとしても、全員がエエとこの人なのが軽い隔絶感につながる。逆に、敢えて善人ばかりでかためたのはファンタジーの力を強めるための仕掛けだった節もあり、泉にお願いしたり白馬の王子様なんてセリフが成立する『風立ちぬ』的世界も見事。 おかげでウチの母などは最後まで堀辰雄の作品と混同する始末。いずれにせよ、静かな大人の映画。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック