『ぼくたちの家族』観ました

デニーロ式アプローチを試みたかの様な黒川芽以嬢を見れたので満足。いわゆる完璧な人間が出ない話の中で、更に微妙な立場の役を全くの違和感無しに演じているのが流石。おかげで、結末の明るさを増す場面も自然に見えて、静かな作品全体が重さに傾きすぎず素直に見れる。不義理なファンが久しぶりに出演作を拝見すると、素晴らしい新境地に驚く事になるという実例。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック