『牙狼[GARO]‐GOLD STORM‐翔』観ました


真面目にシリーズを観ていないので今回の話が全体の中でどんな位置に在るかは全く解らないが、そんな自分でも引き込まれてしまう勢いが実に「牙狼」らしい。

以下ネタばれ有り。
良い意味で昔のトクサツを見ているような筋書きや、(編集のせいか)『未来忍者』を思わせる独特のテンポも雨宮ブランドを実感できて、その点でも「あぁ、俺いま『牙狼』観てるんや」との気分を満喫。
実存系大橋アクションの尖鋭化は相変わらずで、酒場での戦闘は(仮にそのアイデアの全てを発案していないとしても)この頑張りが日本映画を変えて行くのでは?とまで思える位に凄い。弾丸の描写であんなに衝撃を受けたのは早川健以来かも。
道路走行中のアクションは確かに『マトリロ』的ながら、その着想を撮ってしまう勢いが素晴らしい。向こうには真上からの画はなかったはず。
見た事の無い画に毎回驚かされる、ものすごいシリーズ。次からはテレビも真面目に見よう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック