『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』観ました


押井監督がズルいというか上手いと思うのは、ノンポリで非押井ファンの私が「ああ、また押井映画ですね。わかってますよ、そっちの楽しみ方をしましょう。」等と通ぶった見方をしているのを見越したかのように、あんなに王道の(もしかすると恥ずかしい?)クライマックスをもってくる点で、前半の会話劇(あるいは前章までの全て)はあの涙が出るほどカッコいい真野恵里菜を引き立てる為にあったのかと勘違いするくらいに燃える展開。
ジャンボーグAな一発は誰もが考える場面だけに実写としての説得力すら危うくさせる状況ながら、現実感を損なわず画面に集中できるのも監督のおかげか。勿論、満を持してのデッキアップもカッコいい。
で、そこまでの展開を違和感なく成立させる特撮も実は凄くて、画面上の破綻は皆無に近く、もはや後は資本だけの問題というところまで来ている。
難しいかも知れないが、ヒットして欲しい映画。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック