『テッド2』観ました


あんまし関係無いけど、あんな大時代的なオープニングが見れて少し感動。
更に関係無いけど、「ハズブロ」や「コミコン」がそのまま出てきて悪者になったり事故が起きたりするのが凄い。虚構は虚構として楽しめる文化的成熟度がうらやましい。おかげでダレク対フライデーが実現したりする。怪獣王がちゃんと鳴くのも実は凄いのかも知れない。

以下ネタバレあり。
でも、もっと恐いのは、コミコンが舞台になったのも全ては「ゴラム対ゴラム女」で笑かす為のお膳立てだとしたら……。
もちろん話の方も完璧で、教条主義的な私には絶対に賛同できない非道な行いがあるのに落涙してしまうこの事実(で、それすらも笑われてしまう)。「人間とは?命とは?」という問いかけまで込められてい(る様にみえ)て、生命の無い物に宿る命の話なのに日本のお株を奪われた感じ。
すっかりゴラムでしか思い出せなくなったが、あの女優さんなので唄う場面もあって、白雪姫みたいに色々な動物が集まって来るだけでも可笑しいのに赤いアイツまでやって来る馬鹿さ加減が良い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック