新宿ゴジラヘッドを見物

画像
 方向音痴については絶対の自信を持つ私が、ぼんやりと何の準備もせずに「アルタの向こうらへん」という断片的な記憶だけで探しに行ったにもかからず、割とすぐに発見。
 というか、ぐるぐるとビルの谷間を索敵していて突然に背びれが見えた時には思わず「おった!」と声を上げてしまいました。
 ただ、静岡ガンダムの時にも感じた「実際に見てみるとそんなに大きくない感じ」が出てきてしまうのはどうしたことか。そんな心理で撮影していると(機材がコンデジなのも手伝って)写真ではますます大きさが伝わらない。よくできた模型に見えてくる。
 思うに、ガンダムにしろゴジラにしろ、如何に劇中での演出が効いているか。実物大張りぼてを前にした時の僅かな残念さは、巨大感や重量感を効果的に感じさせる技術がアニメや特撮では有効に働いていることの逆説差的な証明なのではないか。
 常日頃、ビル街に妄想で怪獣を出現させている時ですら、過剰な空気遠近法を付けていることに気づいてしまったのでありました。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック