『進撃の巨人』観ました


原作は最初の数巻を読んだだけでアニメも全く見ていない自分からは十分に及第点。
広告で感じていた超大型巨人のゴム臭さも最小限に押さえられていたし、世界観を壊す程のちゃちな造り物はなかった。噂の立体機動も逆に実体感があって実写映画としては正解だった。

以下ネタバレあり。

でもやっぱり、巨人の巨大感が足りなかったり、邦画特有の話とテンポが悪い面で目立ってたりするので、擁護派の人が言うほどの完成度にも見えない。
特に、巨大感でジャックの巨人に太刀打ち出来なかったのは残念。表面処理の問題よりも合成素材ごとの画角の違いが原因なのか?トクサツノミカタに慣れていない観客が洋画と比べても仕方ないかも。
あと、原作の「こんな奴に食べられてしまうのか」という気色悪いデザインが日本で巨人を作る時のカギになると思っていたが、何かの配慮か奇形度合いが抑えられていたのも残念。
というわけで、役者さんの好演に助けられた映画に思える。次作のツカミになる事を祈るばかり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック