『図書館戦争 THE LAST MISSION』観ました


岡田准一の体術が凄い。
以下ネタバレ有り。
ペンは剣より強し、を象徴するかのようなスピードライトが銃に勝つ場面。記者陣が応戦にストロボを使ったと勘違いして少し落涙。勿論、作品の主題からすれば、応戦などでは無く、あくまでも報道活動が笠原を救った形でなければ仁科指令の想いも生かされない。
『クウガ』なんかを観てしまっている身では、自由を守る為に血が流れる事を看過できない。
それにしても今回はトクサツつながりの演者が多かった。石坂浩二まで絡める自分もオカシイ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック