『ギャラクシー街道』観ました


冒頭、宇宙役人がワープロを使っていて笑う。

以下ネタバレ有り。
その後が笑えなかった。この監督の作品は無意識の内に避けてきたが、やっぱり自分には合わなかった。喜劇ってムズカシイ。
全部どこかで見た話なのに、それを可笑しさの中心に持ってきても笑えない。それこそ、触れるだけで性交渉とかヒーロー(流星人間でないのが残念)に日常性を絡める等のネタは、私の様な者でなくても散々見せられてきた古典のはず。
なので、せっかく頑張って被り物でおそ松くん状態を再現しても『帝都大戦』を連想されてしまう(←これは私が悪い)。
勿論、遠藤憲一のコスプレは『ライオン丸G』でしかないので、今更な感じも最大。
既視感絡みで言えば、再び隊員服姿の秋元才加に逢えたのは良かった。ファスナーを下げさせたり、隊長の飲みさしを気にしないとか、細かい描写は上手いのかも。
それらの積み重ねを畳み掛ける勢いで笑かす訳でもなく、さしたる笑い所も無いまま何だかイイ話系のようなオチで終わっていた感じ。
それぞれの挿話が結末へ収斂していく辺りは流石なので、やはり『古畑~』の人なのかと思った次第。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック