『進撃の巨人 後編』観ました


後編でも桜庭ななみの射手ぶりが見れたので満足。安定の石原さとみも、期待を裏切らず良い意味でのマンガアクト。

以下ネタバレあり。
アニメは殆ど未見で原作も最初の数巻しか読んでいない身には面白かった。特に、前編鑑賞後、どんな雰囲気の画面か分かった上で観ているので話に集中できる分、「カベ」でまとめた筋書きはキレイな決着に思える(のでフェイクエンディングは余計かも)。
エレンの兄で実験済みという以上には語らない部分でもわかる通り、テンポを損なわず見せ場につなぐ脚本が割と頑張っているように思える。『進撃~』を映画二本で実写化せよと言われれば、これが最適解ではないか。
それだけに相変わらずゴム臭い特撮が残念で、やっぱりあの着ぐるみ感は何とかした方が良かったと。自分のような東映ヒーロー物に慣れた身には装甲巨人との兄弟ゲンカはロボ戦みたいで面白いが、米国SFX勢も揃っている中で見ている一般人にはいつもの「神の視点」が悪い方向に作用しなかったかが心配。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック