『アントマン』観ました


方々で言われている通り、ドルゲ配下の戦闘員を思い出してしまうような身には、見た目も話しも日本のヒーロー物に近しい感じがある映画。
あと、今回は吹き替えで鑑賞したところ、上映前に「終わっても席たつな」とのお知らせがあり、長年のマーベル・エンドクレジット問題に終止符が。

以下ネタバレあり。
2代目ワスプきっちり出るんやろぉな?!等と興奮できるのも、先に述べた親近感のあるスーツデザインのため。地味な配色のお母さんでもフルフェイスのおかげで短時間の活躍ながら印象に残る。2代目に至ってはトリコロール(たぶんマチガイ)で露出度高く、じいさんグッジョブと。後は、ホープ嬢が着用して幸せ固めを連発してくれれば言うことナスだが、次に帰ってくるのはアントマンだけらしい。残念。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック