ハニーゴーランのライブを心斎橋paraddigmにて鑑賞

 「Power of Girls Fes. vol.8」にてトリをつとめられました。

 トリーゴーラン(ℂ加野さん)になっていただけたおかげでライブにも間に合いましたし、絵恋ちゃんさんや柳瀬蓉さんのような新しい刺激に出会うこともできました。『きみが展覧会を開いても』のような曲に出会えるのもこんな形式のイベントならではの醍醐味です……っていうか、
 そっかー、見てはったか~。

 いや、なんかね、『からしめんたいこ』のあたりで、視界の端の方になんかすごい美人が立ってはるのは一瞬チラッと確認してたんですが、まさかそれが加野さんだとは夢にも思わず。
 しかも、前田さんも一緒に観覧されていたらしく、どうやらお二人の目の前で「新しいアイドルにはまっていく瞬間」を披露してしまったようです。

 徐々に前へ出ていくところを見られていた、と聞いた時には舞台袖からのぞかれていたのかとも思ったのですが、しっかりと観客席側から他の出演者を見学されていたようで本当に真面目なお二人です。

 何だか浮気現場を押さえられた(←エエように言い過ぎ)者の言い訳のような文が続いていますが、前にも書いたとおりハニーゴーランを知ったのも別のアイドルのライブを見に行った時に「なんだこれはッ」と衝撃を受けたのが最初なので、私のような出不精の場合は浮気も出会いの一つだなぁと思った次第です。

 できることなら、去年の8月に大阪ルイードで心をワシ掴みにされてハニーゴーランにはまっていく瞬間も見せたかった。あまりの煌びやかさに手拍子をするのも忘れ、瞬間ボー然と立ち尽くすあの感覚。今でもハッキリと思いだせるくらいです。

 そういえば今回のパラダイムという会場は照明設備も充実しているのか、お二人の歌われているお姿をよりいっそう綺麗に演出できているのが印象的でした。

 また、現場と言えば本日もハニゴオタク(←敬意をこめて)の底力というか結束力を示していただいた感じで、冒頭から「トラック丸ごと音が出ない」という文字で見るだけでも恐ろしい状況の中、すぐさま皆さんでフォローに回り盛り上がりを途切れさせないようにするあたり頭が下がる思いです。

 もちろん、そんな危機的状況にあっても、すぐさま次善の対応策を用意できるハニーゴーラン自体が凄い事は言うまでもありません。
「何したい?」とリクエストを聞いて
「何かわからんけど」トラックセブンからいっとこか、みたいな事をさらっとやってのけるこのカッコ良さ。
 私には到底想像できない時間と量の歌いこみがなされている事の証しでしょう。

 図らずもディナーショーのような(ℂ加野さん)始まり方をした今回のライブですが、かえって記憶に残る、雨降って地固まる的な良い結果になったのではないでしょうか。

 本当にポテンシャルの高いお二方です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック