にょロボてぃくす「月刊にょロボLIVE!復活第三回め」をbase2.5にて

画像

 いま気がついた。カトルセやからミクロイドやったんか!
 落ち着いてきた今だからこそ脳みそにも血が巡るので、ナース服のまま歌うブラウニーさん故の『ナースエンジェルりりかSOS』(←間違い)だったのかと解ったりもするのですが、あの場であのイントロを聴いたときの衝撃ときたら本当に青天の霹靂で、カトルセさんだけに、まさに『青い稲妻』みたいな?
 いや、うまいこと言わんでえぇ。
 正直に言って、にょロボてぃくすの活動方針が昔と変わってきていることに問題がない事も無い気がしないでもないようなあるような。それこそ、ライブハウスを中心に活動し、サマソニ出場をも視野に入れて運営されていた時期と比べれば、現在の動き方は更に特殊なアイドルに向かってきているような気がしないでもないようなあるような……
 みたいな逡巡は『ミクロイドS』のイントロがかかった時に消し飛んでいました。
 メルカさんの『がんばれロボコン』の頃には事象の地平のかなたでした。
 いや、サギリさんの椎名恵を思わせるしっとりとした歌い上げも素晴らしかったし、アヤメさんの曲とのハマリ具合が最高な『Yeah!めっちゃホリディ』(あややでアヤメ?)もスゴク楽しくて、皆さんのアイドルとしての底力を見せつけられたライブでしたから、オッサンがごちゃごちゃ言わんでも様々な展開で色々な現場に対応していくのは確かなのでしょう。
 ならば、少しでいいので、今後のオタク高齢化社会を見据えつつ、今回のような“オッサンにやさしい”部分も残して言っていただければありがたいなぁ、等と。
 やっぱり懐メロがかかるとノリが違うんです。
 蛇足ながら、歌唱力とは別の次元で、その懐メロを完璧に歌っていない部分もポイントです。オリジナルとは微妙に違う譜割りなどから「若いコが見た事もない番組の主題歌を耳コピして歌っている」感じが出て、オッサンに安心感を与え萌えポイントも上昇するという……、ああっ、兇悪なナース服とか多幸感あふれるグリーティングとか書かなアカンことは他にもあるのに年寄りのシュミの開陳だけで終わってしまった。また整理します。
画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック