『アイアムアヒーロー』観ました


まさか大泉洋で泣くとは。もちろん有村架純でも二回落涙。

以下ネタバレあり。
それこそロメロの『ゾンビ』を観てからはゾンビ映画を避け続け、このジャンルでは泣けないと思っている位には勉強不足な私が、またエレベーターのドアが開くたびに身構えるようになってしまうにもかかわらず足を運んだのは、有村架純めあてなのと映画『ボーイズオンザラン』で泣かされた覚えがあったから。
原作未読なので、期待どおり、ひとりのダメ人間がヒーローになる映画として鑑賞できた。おかげで、わりと凄いコトになっているゴア描写も気にならず、むしろ比呂美に至っては感染後の方が綺麗に見える。
個人的シュミは置いておくとしても、発症後に英雄の歌で見せる微笑みの神々しさは万人が認めるはず。
難しい設定を踏まえつつ、その状況でしか出せない感動へ導く有村架純の素晴らしさは長澤ますみの好演もかすんでしまう程。
ある意味で純粋な存在のZQNが言うからこそ最後の台詞も更に劇的になり、より確実にヒーローになるまで(だけ)の話が成立する、みたいな流れは『ボーイズ~』に似ているかも知れない。
そんなこんなで、ゾンビパニック映画を観に行ったはずなのに、まるで『ストロボエッジ』を観たかのような(←言い過ぎ)少し苦い清々しさも感じた次第。
蛇足ながら、話を絞ったおかげか絵にも話にも破綻が無く、確かに宣伝通り海外にも見てもらえる映画。実際にゾンビ禍が起きたら、こんな風に広がって行くんやろなと実感。
原作ファンの反応が気になる。ヒットしてほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック