ハニーゴーランをうどん県で

画像

 “IDOL LIVE CIRCUIT IDOL PARADISE SP Vol.3”にて2ステージを鑑賞。
 高松常磐町商店街の中にある複数の会場を使った大規模なイベントで、ロケーションや雰囲気も含めて思い出に残る1日を過ごせました。

 一本目は、加野さん曰く「廃墟っぽい」ビルの横にあるジャンヌガーデンという屋外ステージでのライブだったのですが、常々、ハニーゴーランにはオープンスペースも似合うと思っている自分には、陽光の下、開放的な雰囲気の中でのライブ鑑賞には半ば念願かなった感じもあったわけです。
 実際、お二人の力強い歌声は会場の外の人にまで届き、ここでも「ライブが始まると増える観客」や「ハニゴのステージに見入る他のアイドル」という光景を見ることができました。なので、ラストの『Knock on!!!』もかなりの盛り上がりを見せ、前田さん曰く「知らんオッチャン叩くことになるとは思わへんかった(笑)」という位の状況が繰り広げられていたのでした。

 二本目はMOSTERS cafeに会場を移してのステージだったのですがライブハウスでもすごい盛り上がり様で、『桜トレジャー』がかかると分かった時に巻き起こる「待ってました」的な歓声の大きさが印象的でした。加野さん曰く「香川には結構な数」で来訪されているそうなので、着実に熱心なファンが増えている証しでもあるのでしょう。
 『粉雪』を終えてのMCでは星乃ちろるさん直伝のCD拡販方法も拝見することができ、前日からのツイッターも含め、本当に他のアイドルの方からも慕われるお人柄であることがよく分かる一面が見れたのも嬉しいところでした。
 四国全体での構成を考えられての事なのか、こちらのステージではあえて『シロイツキ』で終わるという曲順だったのも新鮮で印象的でした。事実、一本目と二本目の両方を見ている身には、かえって全日を通した構成としてしっくりきました。

 あと、今回は、ステージの合間に予約特典として、アイドルと一緒にうどんを食べに行くとの企画に参加できるという僥倖を得まして、これが「ホンマに一緒に行っただけ(by加野さん)」「テーブルも別でね(by前田さん)」というものだったのですが、いい年をしたオッサンなので表にこそ出さないものの心の中ではもう死んでもいいと絶叫していたのは事実です。
 直後のライブも観たいので死ぬわけにはいかなかったのですが、お気遣いで机を別にしていただかなければ緊張でうどんですら喉を通らない状態になっていたと思うので、ありがたいご配慮でした。

 思い出に残るどころか、一生忘れられない日となったのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック