ハニーゴーランを高松GET HALLで

画像

 「東方観聴禄 その参」にて『桜トレジャー』をはじめ六曲を熱唱。
 いみじくも前回の物販で前田さんから「独特な個性の人ばかりなのでまた推しが増えるかも」みたいな事を言われていたのですが、仰る通りの錚々たるメンバーが集まったイベントで最初から最後まで目が離せない物凄いライブでした。

 特に、翌日も出演されるアンプラグド組の弾き語り攻勢は凄まじく、ギター一本で己の人生をぶつけてくるステージには相当強い力が込められている為こちらの心を持って行かれることもしばしばで、その他の演者の方も独自の世界を持った方ばかりでしたから、イベント全体に主催者の方の嗜好がにじみ出ているような他にはない感じの印象がありました。
 そういう、凄まじい個性を持った方々を集めてこられる主催者の方に招聘されたこと自体が、ハニーゴーランの実力を物語っているようで何だかうれしかったりもするわけです。

 実際、そんな列強の方々の中にあっても、お二人の魅力が気圧されることは微塵も無く、むしろ、普段よりも「アイドル」の部分が際立つ形となり、他の方々との相乗効果でイベント全体の中ではかえって個性を発揮できた形に見えました。
 弾き語りが自己をさらけ出すのと同様に、お二人の歌にもリアルさがこめられているので、今回の演者の中でも分野は違えど歌の持つ力は同じという一致如何があったからでしょうか、良い意味でお互いに刺激し合っている様子も解る素晴らしいイベントでした。

 そういえば、直後に登壇の結城リナさんが、ハニゴのお二人を「まさかハニーゴーランがあんなにしゃべるとは思っていませんでした(笑)」と仰っていたのも印象的でした(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック