『X‐MEN:アポカリプス』観ました


お兄ちゃんがあれほど口をスッっっッぱくして「マーベルの映画では最後まで席たつな」いうてんのに!との声が聞こえてきそう。

以下ネタバレ有り。
ファッションに疎い自分にはイマイチ'80年代らしさがピンとこんなぁ等と思っていた所に『スイートドリームス』!
本当に洋画は音楽の使い方が上手いなァとか思っていると今度はアイツが「あの」ジャケットを着て帰って来て笑かす。確かにキャラにもぴったりなので余計にオカシイ。(結局その後脱がずじまい?)
但し、マグニートーがいる限り人類とミュータントとの共存という主題に決着がつくはずもなく、もちろん映画の基調はブライアン・シンガー作品。
つくづく、こういう真面目な映画でも洋画は必ず笑かしにくる、とのヨドガワさんの言葉を思い出した次第。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック