ハニーゴーランを梅田 am HALL にて

画像

 ツインテ、アカンて……。いや、それはともかく、
『HiGH VOLTAGE Special -ROCKING!! EXTREME- Vol.2』の第一部と第二部の両方を通して観れたのでかなり充実した形で黄金週間を終えることができました。

 鈍い話で、このイベント自体がロック系の傾向であるという事は演者さんのMCで初めて気づかされたのですが、そのおかげか久々に『あさぎり』を聴くことができたのも嬉しい部分でした。
 もともと、世界観のある歌詞で物語を歌っていくところが「こちら側」ぽくて好きなのですが、今日のように激しさで攻めてくる対バンにぶつけていただくと更にドライブ感というか疾走感が強調されて一層カッコよく聞こえてくるのでシビレます。
 で、その余韻を持ったまま迎える第二部で、『ヒカルアシタ』のイントロの第一音が聞こえてきた時の「キターッ!」というあの興奮は、あの時あの流れの中でこそ味わえるものですから初見の方にもセトリの効果は大きかったのではないでしょうか。

 他にも、“お二人に容赦なくしばかれるプラカラさん”という微笑ましい光景があったり、ハニーゴーランの出番で座りだしスマホをいじっていた三人組が一曲ごとに立ち上がり最後にはオレオに加わるという胸のすく展開を見れたりと、個人的な趣味まで満たされた中身の濃い一日でした。

 そう、個人的なシュミ、なんです。「こちら側」を標榜するキモヲタだけあって、あの髪型には無条件で降伏してしまうのですが、ただでさえ美麗を誇る加野さんがハーフツインで可愛さまで装備されてしまうと最早裸足で逃げてしまうしか術は無く、実際にチェキから逃げ出してしまいました……。
 それでも、また並びなおして記録してしまうところに己の業の深さがあるわけですが……。

ヒカルアシタ(Eight ver.)
FIX
2017-01-18
HONEY GO RUN

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒカルアシタ(Eight ver.) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック