『「トリック劇場版 ラストステージ」公開記念! さよなら! トリック 公式パーフェクトBOOK』を

購入したのは随分と前だったのですが今頃になって記事にするように、私自身熱心なファンではありません。

 本当に偶然に第一話をたまたま見ることができたため、「なんか変なドラマやってるなぁ」と見始めたファーストシーズンは奇跡的に全話視聴できました。佐伯日菜子が他の誰にもできない役で出演したこともあり、友人と盛り上がったのを覚えています。
 その面白さに世間も気づき、続編が作られていくにつれ、へそ曲がりな私の視聴意欲も衰えていったわけですが、遠くに離れてしまった昔の友人を気にするがごとく折に触れ様子はうかがっておりました。
 なもんで、劇場版を全く見ていないにもかかわらず、さよなら祭り的な本が出れば購入せずにはいられないのもまた然りなわけです。
 読み込めば、変化しないことこそが『トリック』の本質であったことがわかったり、万感の思いが込められた各キャストのインタビューもさよなら祭りならではの感動があります。あと、自分には、やはり前原一輝をはじめとした歴代部下のインタビューがトピックスで、先の佐伯日菜子の小さな写真とともにメモリアルな意味を持つ一冊でもあります。
 映画も観ておくべきでした…。



"『「トリック劇場版 ラストステージ」公開記念! さよなら! トリック 公式パーフェクトBOOK』を" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント