『STAND BY ME ドラえもん』観ました


3DCGでしずかちゃんのお風呂とパンチラが見れたので問題なし、等という自分の書き込みかが申し訳無いほどの感動作。落涙洟付き。
原作がエライだけの話かも知れないが、それでも、あの流れと構成で一本の映画に仕上げた点に誠意を感じる。
更に、各種道具のアップデート(タケコプターの飛翔感!)や未来世界の描写・70年代としての現代など、画面上のアレンジもいい感じに効いている。
話の方でも、未来のしずかやのび太のセリフで匂わされる「ドラえもんの不在」が映画の題名と重なってドラえもんをトトロのような存在にしていて、主題が浮き彫りにされている。
個人的には、再開のためのこじつけとしか捉えていなかったUSO800の話で、あんなに泣けるとは思わなかった。流石。

"『STAND BY ME ドラえもん』観ました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント